石垣島のプチ観光は「定期観光バス」が便利♪【 気になるコースと料金】とは?

2023年1月19日

 

 

マンゴーちゃん

マンゴーちゃん

石垣島の観光どうしようかな~? あんまり滞在時間ないんだよね💦
パインくん

パインくん

それなら「定期観光バス」がいいさぁ♪ ずばり【昼食付で大人4700円】川平湾はもちろん、人気観光地を周るぞ!

マンゴーちゃん

マンゴーちゃん

知らなかった(笑)昼食付なのもいいね♪
パインくん

パインくん

この記事を最後まで読むと「定期観光バス」に詳しくなり、石垣島の観光に役立つさぁ♪ なぜなら【コース・料金・メリット・デメリット】を紹介するから! きっと定期観光バスもありかな~って思うさぁ(笑)

 

 

この記事で解決できるお悩み

✔ 石垣島の観光どうやってしよう?

✔ 定期観光バスの観光コースは?

✔ 定期観光バスの料金はいくら?

✔ 定期観光バスは自分にあっているのかな?

 

大人気の石垣島ツアーはこちら♪

定期観光バスは「東(あずま)バス」で利用できる♪

空港から市街地を走る路線、空港線は本数が多いです。

 

【島民・観光客にとっても、石垣島を巡回するバス】はなくてはならないもの🚌


そのバス会社が「東運輸 株式会社」、通称「東バス」です(・ω・)ノ

定期観光バスも運行してるんですよ♪

 

【離島ターミナルから歩いてすぐの美崎町】にあり【島の東西南北を巡るたくさんの路線】があります。

 

特に空港と市街地を行き来する「空港線」、市街地と川平湾を行き来する「川平リゾート線」は利用する人が多く運行本数も多いんですよ(^^)

 

東バスの「定期観光バス」って?

 

東バスの「定期観光バス」は、【石垣島の景勝地】を効率よく巡る便利なサービス!!

 

しかも料金には「ポーザーおばさんの食卓」ってお店で昼食付き♪

 

店内からの景色は最高で、川平湾が一望できるんです(^-^)

島の食材を使用した昼食を食べながら、景色も楽しめるなんて最高ですよね??

 

定期観光バスで巡る景勝地は?

米原のヤシ原生林にたくさん群生しているヤエヤマヤシ!

 

ここで景勝地のコースを紹介しますね('ω’)ノ

 

■9:30 バスターミナル出発■

権現堂・桃林寺(車窓)
八重山諸島最古の歴史があり、権現堂とともに創建された臨済宗の寺院。
山門にある左右一対の仁王像が有名。
唐人の墓(下車見学) 1852年、中国からアメリカに送られる労働者を乗せた船が石垣島沖で座礁。その時の犠牲者が祀られている。1971年に建てられたお墓。
川平公園(下車見学) 石垣島で1番美しい景勝地で、日本百景にも選ばれている。

※オプションでグラスボートに乗船でき、定期観光バスを利用すると割引がある。

大 人 / 1,200円 → 900円 小学生 / 600円 → 450円

ポーザーおばさんの食卓(昼食) 川平湾近くにあり、目の前にはサンゴ礁を望む高台のレストラン。
ぐるっと囲まれた自然の中で、自然の食材を使った料理が楽しめる。
米原のヤシ原生林(下車見学)
石垣島、西表島にしか生息しない「ヤエヤマヤシ」が大規模に自生している貴重な場所。

※現地交通事情により車窓となる場合もある。

玉取崎展望台(下車見学) 平久保半島と石垣の海を一望できる景勝地。1年中ハイビスカスが咲き、南国気分を味わえる場所。
宮良川のヒルギ林(車窓) 石垣島で1番大きい宮良川の河口に広がる、マングローブ林。

■14:00 バスターミナル着■

 

詳しくは下の↓ホームページを見てください(^-^)

石垣島1周観光バス (azumabus.co.jp)

 

「定期観光バス」詳しい料金は?

玉取崎展望台は、石垣島で人気の景勝地♪

 

記事の最初でお伝えしましたが、詳しい料金を紹介しますね('ω’)ノ

 

■定期観光バス 料金■

大人 4700円 (昼食付)
小人(6歳以上12歳未満) 3730円 (昼食付)
6歳未満 ・大人1名に付き、1名が無料。
・6歳未満は昼食が付かない。
障害者の方 ・「障害者手帳」を窓口で提示で3730円となる。
・介護の方も同じように3730円となる。

 

定期観光バスのメリット・デメリットは?

石垣島でよく見られるマニラヤシ。

 

定期観光バスのメリット・デメリットをまとめました。

参考にしてもらえたら嬉しいです(^-^)

 

メリット

・4時間半のコースで効率よく観光できる。

・ガイドさんが観光案内してくれる。

・観光バスなので、慣れない石垣島の道を運転しなくていい。

・オプションで、川平湾のグラスボートを割引価格で利用できる。

・4時間半の観光なので、旅行プランをたてやすい。

 

デメリット

・行きたい観光地に行けない。定期観光バスのコースに入っていればいいですが(^-^;

・決まったコースしか行かないので、途中で気になる場所を見つけても行けない。

・定期観光バスで巡る、観光地の滞在時間が決まっている。(川平公園など、もう少し滞在したいと思っても滞在できない)

・石垣島の北部の方には行かない。(平久保崎 灯台)など。

 

東バスへはどうやって行くの?

市街地のシンボル730交差点。

 

空港から市内へのバスがありますので、簡単に行くことが出来ますよ♪

東バスの場所は、グーグルマップを見れば分かりやすいです。

人気の石垣島オリジナルグッズはこちら♪

東バスへの行き方

徒歩で行く場合、石垣市内の離島ターミナル→東バスまでのおすすめルート

車で行く場合、石垣空港→東バスまでのおすすめルート

 

東バスは市街地にありますので、アクセスしやすいです(^-^)

 

離島への乗継便も一発検索【NAVITIME Travel】

東バス 基本情報

住所:石垣市美崎町3
バスターミナル(東運輸) – Google マップ
電話:0980-87-5423
窓口受付時間:8:00~17:00
待合室:6:00~22:30まで利用可
定休日:年中無休
ホームページ:東運輸株式会社 – <東バス>窓口営業時間 8:00~17:00 (azumabus.co.jp)

 

※新型コロナの影響で、運休、営業時間・定休日が変更になる場合があるので、事前に確認してくださいね

 

石垣島の名所YouTube動画を見よう!

石垣島の有名なユーチューバー!「ヒデオマン石垣島あるある探検隊」さんの動画です(*’▽’)

きっと「今すぐ石垣島行きて~な~」って思いますよ(笑)

 

まとめ

今回は、石垣島になくてはならない「東バス」を紹介しました!

ぜひ「定期観光バス」を利用して、石垣島の景勝地を効率よく楽しんでくださいね(^-^)

定期観光バスは【島での滞在時間の少ない方・観光名所を効率よく観光したい方】におすすめですよ♪

紹介したメリット・デメリットも、参考にしてもらえたら嬉しいです。

みなさん最後まで読んで頂き、にぃふぁいゆ~(八重山方言:ありがとう)

 

投稿者プロフィール

しまんちゅ
しまんちゅなんくるないさ~
運営者のしまんちゅです。石垣島生まれの石垣島育ちです。二十歳まで島に在住。十代の頃から石垣島はせまいと思い、窮屈に感じていました。

理由はどこに行ってもしまんちゅ(島人)に会ったり、かくれてデートをしても次の日には噂話になっていたりなど。どんなにかくれて上手くやったつもりでも、必ず誰かに見られているんです!悪いこともできやしません(笑)まあ、そのおかげで平和な島だとは思うんですが(^^)

二十歳の時に念願かなって、派遣社員で長野県の工場へ。その後は派遣社員で、他県を転々とするもリーマンショックで派遣切りに(泣) 現在は静岡県に在住。石垣島に行ったり来たりの生活、アラフォー普通のサラリーマンです。

将来はどんな形でもいいので、石垣島に関する仕事をしたい!
【島情報を毎日Twitterで発信】しているので、良かったら見てくださいね♪